おすすめの転職エージェントはどこ? 詳細はこちら

【例文あり】面接で退職理由が思いつかない人は本音を話すべき3つの理由

転職の面接でポジティブな退職理由が思いつかない時はどうすればいいのだろう?転職理由は本音で話してもいいのかな?

そんな疑問にお応えします。

本記事を読むことで、面接で退職理由を伝える時のポイントがわかります。

【本記事の内容】

  • 退職理由は本音で話をすべき3つの理由
  • 退職理由が思いつかない時の対処法
  • 退職理由を伝えるポイント

結論から先に言うと、退職理由は「あなたの本音」を話して大丈夫です!

退職理由を本音で伝える時のポイントは、退職理由と志望動機を一貫させることです。

「現職の不満を御社では解決できる!」と伝えるコトで企業側も不安を解消することができます。

本記事では、中小企業の採用担当をしているわたしが退職理由を伝える時のポイントを詳しく解説していきます。

目次

面接で退職理由を聞かれる2つの理由

転職の面接では、必ず退職理由が聞かれます。

面接官が退職理由を聞く主な理由は2つです。

  • 「すぐに辞めてしまわないか?」を判断するため
  • ミスマッチを防ぐため

1.「すぐに辞めてしまわないか?」を判断するため

会社側が一番不安に思っていることは、「入社してもすぐに辞めてしまうのではないか?」という点です。

せっかく採用をしたのに、入社後すぐに辞められてしまってはお金も時間も無駄になってしまいます。

わたしは「長く働いてくれる人物なのか?」を判断するために、退職理由を聞いています。

2.ミスマッチを防ぐため

退職理由を聞くことで、採用のミスマッチを防ぐことが出来ます。

退職理由を聞くことで「求職者が転職で何を実現したいのか?」を判断することが可能です。

わたしは「会社に合う人物か?入社後に活躍してくれる人物なのか?」を判断するために、退職理由を聞いています。

退職理由が思いつかない人は本音を話すべき3つの理由

職理由は、嘘をつかずに本音で話をするべきです。

退職理由を本音で話をすべき理由は、3つ!

  • 話にぶれがない
  • 誠実さが伝わる
  • 不採用でも納得できる

1.話にぶれがない

退職理由を本音で話しをする1番のメリットは、話がぶれない点です。

退職理由を思ってもいないことを伝えてしまうと、面接の中で必ずボロが出て話に一貫性がなくなってしまいます。

話に一貫性がないと「あれ?この人のこと信用は信用できないな……。」と思われてしまい不合格にされてしまいます。

2.誠実さが伝わる

退職理由を本音で話をすることで、嘘をつかない誠実な人というイメージを与えることができます。

嘘をつくような不誠実な人と一緒に働きたいと思う人は、いないですよね?

退職理由を本音で話し、不満を解消するために御社に入社したいという思いを話せば熱意も伝わります。

3.不採用でも納得できる

退職理由を本音で話して不採用になってしまっても、納得することが出来ます。

仮に退職理由を取り繕って内定が決まったとしても、希望する働き方が出来ない可能性が高いです。

退職理由で本音を話さないと、前職を辞めた理由と同じ理由でまた退職する羽目になってしまう可能性も充分に考えられます。

退職理由は、本音で話をした方が絶対にいいです!

不満があり転職することは面接官もわかっている

企業側も、「現職に何かしらの不満があって、転職しようとしてる」という事はわかっています。

企業の採用担当者が知りたいのは、あなたの本音です!

本音がわからなければ、「うちの会社でやっていけるのか?」を判断することができません。

採用担当をしていると、みんな退職理由はポジティブな理由を述べてきます。

「ネガティブな退職理由をポジティブに言い換えよう!」というネットの情報を信じているからです。

ネットで退職理由の伝え方を調べてみると「ネガティブな退職理由はNG」との情報であふれかえっています。

しかし、採用担当者からすると「ポジティブな退職理由は聞き飽きた。本音で話をしてよ……。」と思ってしまいます。

あまりにも上っ面な理由しか言ってこないので、わたしは面接で「では、実際に何が嫌で転職しようと思ったんですか?」と聞き返しているほどです。

退職理由を伝える時のポイント:退職理由と志望動機に一貫性を持たせる

退職理由は、本音で話をするべきだとお伝えしてきました。

しかし、本音をありのままに伝えるのはNGです。

本音を話すにしても、伝え方にポイントがあるんです。

退職理由を伝えるポイントは、退職理由と志望動機に一貫性を持たせることです

例えば、退職理由で多い3つの例を紹介します。

  • 給与に不満 → 正当な評価を得たい → 御社なら○○の理由で不満が解消される
  • 人間関係が悪い→ 周囲と協力して仕事がしたい → 御社なら○○の理由で不満が解消される
  • 残業時間が多い→ 効率よく働ける場所で働きたい → 御社なら○○の理由で不満が解消される

退職理由を伝えるポイントは、「今の不満が御社では解決できると思うので転職を考えている」と話すことです。

企業が退職理由を聞く一番の理由は、「同じ理由で辞めないか?」ということ。

企業側の不安を払拭できるように、退職理由と志望動機は一貫性を持たせることがもっとも重要です

志望動機の具体的な伝え方については、こちらのページを参考にしてください。

参考:【志望動機を難しく考えすぎ!】転職面接で伝えることは4つだけ

【例文】パターン別の退職理由の伝え方を3つ紹介

退職理由の伝え方はわかったけど「実際にどう伝えればいいのかわからない……。」という人のために、例文を3つ紹介していきます。

よくある退職理由の例文を紹介していくので、退職理由で悩んでいる人は参考にしてみてください。

1.給料が不満の場合

給料が少なかった場合は、働きが正当に評価される会社で働きたいことをアピールして下さい。

給与に不満 → 正当な評価を得たい → 御社なら○○の理由で不満が解消される

【給料が退職理由の例文】

前職では年功序列の会社だっため、仕事の成果にかかわらず年齢により給料が決まっていました。

御社では、年齢に関係なく仕事の成果を給料に反映されていると求人票で拝見し応募させていただきました。

2.人間関係が不満の場合

人間関係が原因で退職した場合は、そのまま本音を伝えてしまうのはNGです。

人間関係の悩みは、どこの会社でも発生してしまうので伝え方に注意してください。

人間関係が悪い→ 周囲と協力して仕事がしたい → 御社なら○○の理由で不満が解消される

【人間関係が退職理由の例文】

前職は個人プレーを重視する会社で、社内がギスギスした状態でした。

御社はチームを大切にしているということで、皆で協力しながら仕事が出来るのではないかと思っています。

今回の転職では、チームで切磋琢磨しながら働ける環境で仕事をしたいと思っています。

3.残業時間が不満の場合

残業や休みへの不満が退職理由の場合は、どのぐらい残業が発生していたのか具体的な数字を入れて伝えるのがポイントです。

具体的な数字を伝える出来理由は、残業時間に関する考え方は会社により違ってくるからです。

例えば、残業時間が20時間を多いと感じる人もいれば、20時間は少ないと考える人もいます。

残業時間が多い(具体的な時間を伝える)→ 効率よく働ける場所で働きたい → 御社なら○○の理由で不満が解消される

【残業時間が退職理由の例文】

前職では残業時間が月80時間以上あり、自分の時間を確保するのが難しい状況でした。

御社は働き方改革を進められているということで、効率よく働くことが出来ると思っています。

転職後は、空いた時間をスキルアップの時間に充てたいと思っています。

転職の面接対策は自己分析から

面接対策で大切なことは、自己分析をしっかりすることです。

自分を理解していないと、企業に自己PRすることも難しいですよね?

  • 自分の強み・弱みは何なのか?
  • 入社したら会社にどう貢献できるのか?

自己分析をしっかりすれば、面接で上手く自己PRをすることができます。

自己分析は無料で出来るグッドポイント診断がおすすめ

たくさんある自己分析ツールのなかでも、リクナビネクストのグッドポイント診断が転職活動には最適です。

グッドポイント診断をおすすめする理由は3つ!

  • 無料にも関わらず本格的な自己分析が出来る
  • 自分の強みを5つ言語化してくれる
  • 職務経歴書に診断結果をそのまま書くことができる

グッドポイント診断は無料で出来るので、一度やってみてください!

>>グッドポイント診断を無料で受ける

自分の強みを言語化して教えてくれるので、「自己PRすることがない……。」という悩みはなくなりますよ。

\ 自分の強みが5つわかる /

公式サイト:https://next.rikunabi.com/goodpoint

▼グッドポイント診断について詳しく知りたい人は、こちらのページも参考にしてください。

参考:【無料】グッドポイント診断が当たるって評判は本当?やってみた結果

面接対策で悩んでいるのなら面接セミナーに参加してみよう

  • 転職活動の面接って、何聞かれるんだっけ?
  • 面接の準備って、何から手を付けたらよいのだろう?

面接に不安がある人は、リクルートエージェントの「面接力向上セミナー」に参加することをおすすめします。

面接力向上セミナーの特徴

参加費無料(リクルートエージェント会員登録が必要)

面接通過率:約16%アップ

セミナー満足度:97%

リクルートエージェントの面接力向上セミナーをおすすめする理由は4つ!

  • 面接に対して不安がなくなり自信をもって面接に挑めるようになる
  • 企業が採用したいと思う内容を話せるようになる「面接必勝法」を学べる
  • 面接に臨む際のスタンスや重要な考え方・面接成功のコツがわかる
  • 自己紹介・転職理由など面接場面での伝え方のポイントがわかる

わたしは、38歳で10年勤めていた会社が倒産し、転職をせざるを得ない状況になりました。

転職活動するのは実に10年ぶりで、何をしたらよいのか全くわからない状態……。

そんな転職の不安を取り除いてくれたのが、リクルートエージェントの「面接力向上セミナー」です。

リクルートエージェントの「面接力向上セミナー」に参加することで、自信を持って転職活動をすすめる事が出来ました。

リクルートエージェントの面接力向上セミナーは、転職を考えているすべての人におすすめです。

  • 面接に不安がある人
  • 転職活動をしていて、今後面接を受ける予定のある人
  • 面接対策のために、具体的に何をすべきか知りたい人
  • 面接で何を話せばいいかわからない人

面接の予定がある人は、無料で受けられる「面接力向上セミナー」に参加してみてください。

面接に対する考え方が変わって、自信をもって面接に挑めるようになりますよ!

>>リクルートエージェントに無料登録する

\ 転職実績No.1 /

公式サイト:https://www.r-agent.com

▼リクルートエージェントの面接力向上セミナーについて詳しく知りたい人は、こちらのページも参考にしてください。

参考:【面接対策】リクルートエージェントの面接力向上セミナーがスゴイ!

 まとめ:退職理由は嘘をつかずに本音で話をしよう

転職の面接で必ず聞かれる「退職理由を教えて下さい」という質問。

「面接で伝える退職理由が思いつかない……。」と悩む人が多いですが、深く考える必要はありません。

企業側は、あなたの本音を知りたがっています。退職理由は、本音で話をしてください!

ただし、退職理由の伝え方にはポイントがあります。

退職理由を本音で伝える時のポイントは、退職理由と志望動機を一貫させること!

「現職の不満を御社では解決できる!」と伝えるコトで企業側も不安を解消することができます。

退職理由を本音で話をしても、あなたを必要をしている会社は必ずあります。

実際にわたしは、本音で話をしホワイト企業に転職することが出来ました。

転職の面接では、ぜひ本音で話をしてください。

面接対策についてもっと詳しく知りたい方は、こちらページも参考にしください。

参考:転職で面接対策しない人は不採用になる!絶対に準備すべき4つのポイント

面接対策に悩んでいるなら転職エージェントにアドバイスをもらおう!

「面接で何を話せばいいのかわからない……。」と悩んでいる人は、転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントに相談すれば、無料で個別に模擬面接をしてくれます

正直、面接にぶっつけ本番で挑むなんてハードルが高すぎます。

実際に私も転職エージェントで模擬面接を受けて、本番に挑みました。

わたしはリクルートエージェントで模擬面接をしてもらいましたが、リクルートエージェント以外の転職エージェントでも面接対策はしてくれます。

面接対策をしてくれる転職エージェントを知りたい人は、「30代後半におすすめの転職エージェント・転職サイト」のページも読んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次