リクナビネクストのグッドポイント診断をやってみた!【無料で自己分析】

リクナビのグッドポイント診断は当たるのかな?診断では何がわかるんだろう?

そんな疑問を解決します。

結論から先に言うと、リクナビネクストのグッドポイント診断は驚くほど当たります。

転職活動をする前に、グッドポイント診断を受けておくことをおすすめします。

本記事の内容

  • リクナビネクストのグッドポイント診断とは?
  • グッドポイント診断の良い点・悪い点
  • グッドポイント診断の有効的な使い方

就職・転職活動をスタートすると、自己分析でつまづいてしまう人も多はず。

  • 「自分の強みって何だろう?」
  • 「どんな仕事が向いているんだろう?」

自己分析の方法って、よくわからないんですよね。

そんな時に助けてくれるのが、リクナビNEXTのグッドポイント診断です。

グッドポイント診断の結果は、職務経歴書の自己PRに記載できたり面接でもアピールすることが出来ます。

転職活動をするなら、全て無料で利用できるリクナビNEXTのグッドポイント診断はやっておくべきです!

>> グッドポイント診断

リクナビネクストのグッドポイント診断をやってみた!

f:id:nodame79:20200507133433j:image

グッドポイント診断は、日本国内最大の人材会社リクルートが開発した「自身の強みを明らかにする」自己分析ツールです。

リクナビnextのグッドポイント診断を受けることで、下記の事がわかります。

  • 簡単に自己分析が出来る
  • 客観的に自分の強みを把握できる
  • 応募書類の作成や、面接準備に活かすことができる

グッドポイント診断は、無料で受けることが出来るのでぜひやってみてください。

グッドポイント診断で強みを発見しよう

f:id:nodame79:20200507133447j:image

リクナビnextのグッドポイント診断は、15分の診断で自分の強みを発見することができます。

「親密性」「決断力」「継続力」など18の項目から、強みとなる5つのグッドポイント(強み)を教えてもらえます。

  1. 親密性 ― じっくりつきあう
  2. 冷静沈着 ― いつもクール
  3. 受容力 ― 広く受け入れる
  4. 決断力 ― 迷わず決める
  5. 悠然 ― ゆったり構える
  6. 柔軟性 ― あれこれトライ
  7. 現実思考 ― 実現可能性にこだわる
  8. 自己信頼 ― 信じた道を突き進む
  9. バランス ― 全体を考える
  10. 社交性 ― 360°オープン
  11. 高揚性 ― ノリがよい
  12. 自立 ― 常に主体的
  13. 慎重性 ― 掘り下げて考える
  14. 俊敏性 ― スピード第一
  15. 継続力 ― 決めたらとことん
  16. 挑戦心 ― 高い目標もクリア
  17. 感受性 ― 場の雰囲気を感じ取る
  18. 独創性 ― オリジナリティあふれる

グッドポイント診断では、自分では気づくことが出来ない魅力を発見することが出来ます。

自分の強みを知ることで、企業へのアピールポイントが見つかりますよ。

グッドポイント診断のやり方

f:id:nodame79:20200507141058j:image

自分の強みを知りたくて、グッドポイント診断を受けてみました。

診断時間は40分程設けてありましたが、診断してみると15分ほどで終了しました。

グッドポイント診断は、3部構成になっています。

  • 第1部 : 制限時間14分 質問事項93問
  • 第2部 : 制限時間15分 質問事項126問
  • 第3部 : 制限時間11分 質問事項74問

設問が293問と多いですが、直感で答えられる質問ばかりなのですぐに終わります。

4択になっており、もっとも当てはまるものを選んでいきます。

f:id:nodame79:20200507141442j:image

全ての質問に答えると、自分の強みを5つ教えてもらえます。

グッドポイント診断の結果

f:id:nodame79:20200507141720j:image

診断結果は、8,568通りもあるようで、かなり的確な結果になっていました。

わたしのグッドポイント(強み)は、以下の5つだと診断されました。

  1. 受容力
  2. 柔軟性
  3. 親密性
  4. 決断力
  5. 感受性
それぞれの強みを細かく説明してくれています。

グッドポイント診断を受けてみて思うことは、自分の性格をドンピシャで当てらた!というのが率直な感想です。

グッドポイント診断では、自分の本性がわかるのでなかなか面白いですね。

転職の筆記試験でも正確診断を実施している企業が多いので、本番前に練習で受けてみるのもいいかもしれません。

グッドポイント診断の良いところ

グッドポイント診断を受けてみて、良いと思った点を挙げていきます。

  • 無料で的確な性格診断を受けられるところ
  • 自分の強みを5つ知ることが出来るところ
  • グッドポイント診断の結果を企業に提出しPRできるところ

グッドポイント診断の良いところは、何といっても無料で的確な診断が受けれるところです。

自分で強みを5つも見つけるのは、なかなか大変ですからね。

自己分析が苦手な人にとっては、とってもありがたいです。

また、グッドポイント診断の結果を企業に提出できる点も良いです。

履歴書・職務経歴書では表現できない自分の強みをPR出来るのは、素晴らしいですよ。

グッドポイント診断の残念なところ

良い点ばかりのグッドポイント診断ですが、1点だけ残念に思ったところがあります。

  • 自分の弱みを知ることが出来ない

転職活動では、自分の強みだけではなく、弱みを知ることも重要です。

グッドポイント診断では、残念ながら弱みを知ることが出来ません。

自分の弱点を知ることができないのが、グッドポイント診断の残念なところだと感じました。

まぁ無料で出来る診断なので、しょうがないです。強みを5つ知れるだけでもありがたいですからね。

グッドポイント診断の有効的な使い方

f:id:nodame79:20200507172710j:image

グッドポイント診断の結果をみて、「わぁ~、当たってる!」と感じるだけでは、あまりにももったい。

せっかく受けたグッドポイント診断の結果を、転職活動に活かさなければ意味がありません。

グッドポイント診断の結果は、以下のように活用することが出来ます。

  • 5つの強みを深堀し、面接でPRできるエピソードを探す
  • 職務経歴書にグッドポイント診断の結果を記載する
  • 知人に診断結果を見てもらい、アドバイスをもらう

グッドポイント診断で出た5つの強みは、自分の性格を端的に言い表しているはずです。

なかでも上位2つの強みは、他人より優れている点だと思います。

この2つの強みを、仕事でどう活かしてきたか or どう活かすことが出来るのかを考えます。

仕事でのエピソードがあれば、面接でPRできたり職務経歴書で活かせる能力としてアピールすることが出来ますからね。

もし自分で思いつかないのであれば、職場の人に見てもらうのも良いかもしれません。

実際にわたしは、信頼できる上司に診断結果を見せてアドバイスを貰っていました。

参考までに、わたしが実際に職務経歴書に書いた強みを書いておきます。

グッドポイント診断の結果の言葉を借りて、書類に記載していました。

「活かせる能力・経験」

「もっとよりよいやり方があるはずだ」と常に考え、アレンジを繰り返すことにより結果を出してきました。業務の改善を提案・実行することで、作業効率を上げてきました。

>>グッドポイント診断はやり直しできない?やり直すたったひとつの方法

リクナビネクストの登録方法

f:id:nodame79:20201022085129j:plain

転職を成功させるには、リクナビネクストが運営する「グッドポイント診断」の利用は欠かせません。

ここでは、リクナビネクストの登録方法をお伝えします。

リクナビネクストの登録には、7つのステップが必要です。

  1. メールアドレスを登録
  2. メールに届いたURLにアクセス
  3. 会員情報の入力
  4. プロフィールの入力
  5. 勤務先情報・スキルの入力
  6. 経験職務を入力
  7. リクルートエージェント登録の選択

えっ!7つもステップがあるの?めんどくさくない??

と思うかもしれませんが、全然めんどくさくありません。

リクナビネクストへの登録方法は、リクナビネクストの登録はめんどくさい?スマホからたった5分で登録完了!を参考にしてください。

5分もあれば登録できてしまうので、サクッと登録していきましょう!

→ リクナビネクストに無料登録する


まとめ:リクナビネクストのグッドポイント診断はやるべき!

f:id:nodame79:20200507173248j:image

グッドポイント診断は、無料とは思えないほど的確な診断結果が出ます。

診断結果は、8,568通りもあるようで、結果の信頼性は抜群です。

「グッドポイント診断を受けた方が良い人」

  • 自分の強みがわからない人
  • 客観的に自分の性格を知りたい人
  • 自己分析のやり方がわからない人

「グッドポイント診断で出来ること」

  • 簡単に自己分析が出来る
  • 客観的に自分の強みを把握できる
  • 応募書類の作成や、面接準備に活かすことができる

「グッドポイント診断の結果を有効活用する方法」

  • 5つの強みを深堀し、面接でPRできるエピソードを探す
  • 職務経歴書にグッドポイント診断の結果を記載する
  • 知人の診断結果を見てもらい、アドバイスをもらう

転職を考えているなら、まずは自己分析からスタートしなくてはいけません。

リクナビネクストの「グッドポイント診断」なら、簡単に自分の強みを見つけることが出来ますよ。

→ グッドポイント診断

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる