おすすめの転職エージェントはどこ? 詳細はこちら

職業訓練校の志望動機で伝えるポイントは3つ!例文も紹介

職業訓練校の志望動機って何を書けば良いのかな?倍率の高い職業訓練校にどうすれば合格出来るんだろう?

そんな疑問にお応えします。

本記事を読むことで、職業訓練校に合格する志望動機の書き方を学べます。

【本記事の内容】

  • 職業訓練校の志望動機に書くべき3つのポイント
  • 職業訓練校が求めている人物
  • 志望動機の書き方(悪い例・良い例)

わたしは倍率3倍以上の職業訓練校に見事合格し、3ヶ月間の楽しい学校生活を送ることが出来ました。

職業訓練校の試験に合格するには、倍率の高い選考試験を突破しなくてはなりません。

職業訓練校に合格するために重要になってくるのが、志望動機です。

志望動機の良し悪しが、合否判定に大きく影響してきます。

職業訓練校の志望動機で伝えるべきポイントは、3つ。

  1. 就職意欲をみせる
  2. なぜ職業訓練校に通う必要があるのか?
  3. 職業訓練校で学んだことをどう活かしたいのか?

本記事では、職業訓練校に合格するための志望動機の伝え方をお伝えします。

しっかりと面接対策をし、合格を勝ち取ってください。

面接対策をするのなら、「まずは自己分析!」が必要です。

自己分析のやり方がわからない方は、無料で利用できる「リクナビネクストのグッドポイント診断」を利用するのがおすすめ!

グッドポイント診断では、あなたの強みを客観的に診断してくれます。

職業訓練校の面接はもちろん、転職活動でも役にたつ情報を無料で手に入れることができるんです。

>>グッドポイント診断をしてみる

\ 面接対策に役立つ /

【スポンサーリンク】
目次

職業訓練校の志望動機は何を伝えればよい?3つのポイント

f:id:nodame79:20201022183816j:image

職業訓練校の志望動機は、職業訓練校の合否を分けるとても重要なものです。

職業訓練校側から、ぜひとも学校に通って欲しいと思わせる必要があります。

職業訓練校の志望動機には、以下の3点を盛り込むようにしてください。

  1. 就職意欲をみせる
  2. なぜ職業訓練校に通う必要があるのか?
  3. 職業訓練校で学んだことをどう活かしたいのか

それぞれ詳しく見ていきます。

1.就職意欲をみせる

f:id:nodame79:20201022183835j:image

志望動機で一番重要なのは、就職意欲をみせることです。

職業訓練校は、再就職したいと強く思っている人を求めていますからね。

職業訓練校の志望動機には、下記の3点を盛り込んでください。

  1. 一日でも早く再就職をしたいと思っている
  2. しかし、スキルが足りないので職業訓練校に通いたい
  3. 職業訓練校で身に着けたスキルを活かし、希望の職業に転職したい

3つのポイントを押さえ、就職意欲があることをアピールしてください。

2.なぜ職業訓練校に通う必要があるのか?

f:id:nodame79:20201022183919j:image

なぜ職業訓練校に通う必要があるのか?をしっかり説明する必要があります。

スキルを身に着たいだけなら、民間の学校に通えばよいことですからね。

勉強したいからという理由だけでは、就職意欲がないと思われてしまいます。

就職活動を積極的に行いながら、スキルを身に着けることができることをアピールしてください。

3.職業訓練校で学んだことをどうやって活かしたいのか?

f:id:nodame79:20201022183933j:image

職業訓練で学んだことをどう活かしたいのか?という点も大切なポイントです。

  • 職業訓練校で身に着けた知識で、未経験の職種に応募したい
  • スキル不足で不採用になっている業界にチャレンジしたい
  • 専門スキルを身に着けて、年齢的に厳しい状況を打破したい

職業訓練校に通うことで、再就職先の選択肢を広げたいことをアピールして下さい。

職業訓練校で学んだことをどう活かしたいのか?」がはっきりしていれば、再就職に対しての真剣さが伝わります。

合格したいなら職業訓練校が求めている人物像を把握しよう

f:id:nodame79:20201022184009j:image

良い志望動機を伝えるためには、職業訓練校が求めている人物像を知っておく必要があります。

就職活動でも同じですが、相手のことを知らないと、良い志望動機は作れません。

職業訓練校では、以下の人物を求めています。

  • 就職意欲があり、再就職出来そうな人
  • クラスの中でうまくやっていける人
  • 卒業まで休まずに通える人

それぞれ詳しくみていきます。

1.就職意欲があり、再就職出来そうな人

f:id:nodame79:20201022184058j:image

職業訓練校は、再就職を目的とした学校です。

再就職が出来なさそうな人は、職業訓練校に通うことは出来ません。

卒業後の就職率は、学校運営にとって最重要事項ですからね。

職業訓練校は、就職意欲が高く、再就職出来そうな人を求めています。

  • 1日でも早く再就職がしたい!
  • 職業訓練校で専門スキルを取得して、仕事の幅を広げたい!

専門スキルを勉強したいだけ・失業保険を貰いたいだけという人は、職業訓練校には合格することは出来ませんのでご注意下さい。

2.クラスの中でうまくやっていける人

f:id:nodame79:20201022184119j:image

職業訓練校には、年齢・性別・経歴など様々な人が通います。

学校運営側は、クラスでのトラブルは避けたいものです。

職業訓練校では、協調性のある人が求められます。

  • 幅広い年齢層の中でうまくやっていけそうか?
  • クラスでトラブルを起こさないだろうか?

志望動機に盛り込むことは難しいですが、面接がある場合は協調性をアピールしてもよいかもしれません。

3.卒業まで休まずに通える人

f:id:nodame79:20201022184143j:image

職業訓練校は、最後まで授業を受けて卒業してくれる人を求めています。

途中で辞められてしまっては、たまったもんではありませんからね。

「学校にまじめに通ってくれる人なのかどうか?」という点も、重要なポイントになっています。

職業訓練校は、授業の8割以上の出席をしなければ、退校処分になってしまいます。

毎日まじめに通わなければ卒業することが出来ないので、まじめさも求められます。

就職する気がない人は職業訓練校に合格できません

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20200125102651-1.jpg

就職する気が無い人は、職業訓練校に合格することは出来ません。

  • 「無料で専門スキルが学べるなんて最高!」
  • 「職業訓練校に通えば失業保険が貰えるんでしょ?」

就職する気がないのに職業訓練校を受けるのは、おすすめしません。

「専門スキルを勉強したいだけ・失業保険を貰いたいだけ」という人は、職業訓練校には合格することは出来ないので面接を受けるだけ時間の無駄です。

職業訓練校が求めているのは、就職意欲の高い人ですからね。

甘い考えで職業訓練校に通おうと思っている方は、考えを改めて下さい。

職業訓練校の志望動機の例文

f:id:nodame79:20201022184213j:image

実際の志望動機の例文を紹介します。

悪い例・良い例をそれぞれ紹介しますので、参考にしていただければと思います。

悪い例:1・2行で終わってしまうような志望動機

f:id:nodame79:20201022184513j:image
  • 以前よりパソコンに興味があり、職業訓練校に通いたいと思うようになり志望しました。
  • 自分にはない知識を習得したいと思い志望しました

1・2行で終わってしまうような志望動機は、書かない様にしてくだい。

また、就職意欲がない志望動機は、不採用になってしまいます。

何度も言いますが、職業訓練校は就職意欲の高い人を求めています。

1日でも早く就職したい!という思いを志望動機に混ぜるべきです。

良い例:3つのポイントを押さえてる志望動機

f:id:nodame79:20201022184610j:image

志望動機には、下記の3つのポイントをいれることが大切です。

  • 一日でも早く再就職をしたいと思っている →
  • しかし、スキルが足りないので職業訓練校に通いたい →
  • 職業訓練校で身に着けたスキルを活かし、希望の職業に転職したい

わたしが実際に職業訓練校に提出した志望動機は、以下になります。

事務職への転職を考えておりますが、スキル不足で不採用が続いています。

独学でも勉強を進めておりますが、なかなか思うようにいきません。
そんな時、ハローワークの窓口で、こちらの職業訓練校を紹介して頂きました。

学校説明会に参加した際には、とても分かりやすい説明をされており勉強する環境が整っていることを知りました。

また卒業性の方の就職率の高さを知り、こちらの学校に魅力を感じました。

職業訓練校に通うことで専門スキルを磨き、1日でも早く事務職への転職を実現させたいと思っています。

3つのポイントを志望動機に入れて、しっかりと自己PRしてください。

職業訓練校の志望動機はなぜ重要?

f:id:nodame79:20201022184320j:image

職業訓練校に通うためには、倍率の高い選考試験を突破しなければいけません。

選考試験の内容は学校により異なり、3パターンの試験内容に別れます。

  1. 書類選考のみ
  2. 書類選考+面接
  3. 書類選考+面接+筆記試験

職業訓練校により選考内容は変わりますが、必ず行われるのが書類選考です。

特に書類選考しか行われない職業訓練校では、志望動機はかなり重要になってきます。

志望動機の良し悪しが、合否判別に大きな影響を与えます。

性別・年齢・職歴などの経歴は、過去の事なので変えようがありません。

しかし、志望動機はこれからの未来を書くことが出来ます。

合格を手に入れたいのなら、志望動機で他の応募者と差別化を図るしかありません。

まとめ:職業訓練校の志望動機では就職意欲を見せることが一番大切

f:id:nodame79:20201022184354j:image

職業訓練校の志望動機は、とても重要です。

倍率の高い学校に通うためには、他人とは違う志望動機を書く必要があります。

志望動機を書く際の重要な点を、もう一度まとめます。

職業訓練校が求めている人物像

  • 就職意欲があり、再就職出来そうな人
  • クラスの中でうまくやっていける人
  • 卒業まで休まずに通える人

職業訓練校の志望動機で伝えるべき3つのポイント

  • 就職意欲をみせる
  • なぜ職業訓練校に通う必要があるのか?
  • 職業訓練校で学んだことをどう活かしていきたいのか?

職業訓練校の志望動機の伝え方の例

  • 一日でも早く再就職をしたいと思っている →
  • しかし、スキルが足りないので職業訓練校に通いたい →
  • 職業訓練校で身に着けたスキルを活かし、希望の職業に転職したい

志望動機を完成させれば、他の候補者よりも合格が近づきます。

あとは、面接対策をしっかりやって選考試験に臨んでください!

面接対策をするなら、「自己分析!」が重要です。

自己分析のやり方がわからない方は、無料で利用できる「リクナビネクストのグッドポイント診断」を利用するのがおすすめ!

グッドポイント診断では、無料で簡単に「あなたの強み」を客観的に診断してくれます。

職業訓練校の面接はもちろん、転職活動でも役にたつ情報を無料で手に入れることが出来ます。

お金もいっさいかからないので、ぜひ一度「グッドポイント診断」をやってみて下さい。

>>グッドポイント診断をしてみる

\ 面接対策に役立つ /

※グッドポイント診断について詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

【スポンサーリンク】
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる