ゆるりと転職

あなたの転職をお手伝いします!

面接の逆質問で労働条件だけ聞くのはNG!質問の仕方を例文を交えて紹介

f:id:nodame79:20200521192902j:image

一次面接の逆質問って何を聞けば良いの?面接官はどんな気持ちで逆質問を受けているんだろう?

 

そんな疑問にお答えします。

 

◆本記事の内容
  • 面接の逆質問で労働条件だけを聞くのがNGな理由
  • 逆質問でNGとされていること
  • 逆質問の正しい聞き方

 

本記事を読むことで、

  • 一次面接の逆質問で何を聞けば良いのか?
  • 面接官は逆質問を受けてどう思うのか?
がわかります。

 

現在、中途採用の面接官を担当しているわたしが、実際に感じていることを素直に書いていきます。

 

転職活動中の方は、参考にして下さい。

【スポンサーリンク】  

面接の逆質問で労働条件だけを聞くのはNG

f:id:nodame79:20200521191719j:image

わたしは現在採用活動をしており、面接官の立場で連日面接を行っています。

 

連日のように面接をしていると、もうその質問だけするは辞めてもらえないですか?と思ってしまうことがあります。

 

逆質問で待遇面だけを確認してくる人が、想像以上に多いんですよね。

  • 残業はありますか?
  • 休日出勤はありますか?
  • 有給は使えますか?
  • 長期連休はありますか?
  • ボーナスはいくら貰えますか?
  • 年収はいくらもらえますか?

「気になることは何でも聞いて下さい」とは言っているものの、待遇面だけの質問をされると、正直うんざりしてしまいます。

 

転職は、人生を変える大きな分岐点です。その為、不安な点は取り除いて理想の職場で働きたいと思うのは当然のことです。

 

労働条件を確認することは、悪いことだとは思いません。

 

しかし、待遇面だけ確認することはNGです。

 

労働条件だけを確認されると「働く意欲はあるのか?」と面接官はマイナスな感情をいだいてしまいます。

理想的な逆質問の仕方

f:id:nodame79:20200521191942j:image

待遇面で気になる事がある場合でも、仕事内容についていくつか質問した後に聞いてもらいたと思っています。

 

仕事に対する質問をすれば、仕事に対する熱意が伝わってきます。入社後どのような仕事をするのかイメージするのは、大切ですからね。

  • 仕事で大変だと思う事は何ですか?
  • 中途採用では、どんな方が活躍されていることが多いですか?
  • 入社前に身に着けておくべきスキルはありますか?

など、仕事に関する質問は絶対しておくべきです。

 

仕事内容に関する質問8割、待遇面についての質問2割ぐらいが理想的だと思います。

 

待遇面だけを確認されると、面接官は「やる気あるの?」「ラクして稼ぎたいだけなのか?」と不信感を抱いてしまいますからね、

待遇面に関しての質問は、工夫して伝える

f:id:nodame79:20200521192139j:image

待遇面の確認をしたいのなら、聞き方をもう少し工夫してくれないかな?と思うんです。

 

例えば、残業時間を聞くのなら

「前職では残業が毎月80時間程ありました。長時間労働が続く環境では、長く働くことが厳しいと感じています。求人票には、月平均10時間程と書かれていましたが、繁忙期だと何時頃帰られることが多いですか?」

 

とかなら、別に不快感はありません。転職で同じ失敗をしない為にも、真剣に会社を選んでいるんだなという思いが伝わってきます。

 

また、年間休日について聞きたいのであれば、

「前職では連休がなく、家族との時間がなかなか取れない状況でした。今回の転職では、できれば連休のある職場で働きたいと思っています。御社では、土日に出勤することはどれくらいありますか?」

 

とかなら、「社内カレンダーでも見せましょうか?繁忙期は○○で、閑散期は○○です。ですので〜」と自然な流れで面接官は、休日について詳しく回答してくれるかもしれません。

 

年収を聞きたいのであれば、

「前職での年収は、500万円ほどでした。働く上で給与面も重要になってきますので、モデル年収を教えてもらえないでしょう?」

みたいな感じで聞いてもらいたいわけです。

 

いきなり「年収はいくら貰えますか?」と聞かれると、「給料だけを気にしているのか?」と思ってしまいます。

 

同じ質問でも、聞き方によってイメージはだいぶ変わってきます。

 

逆質問では、伝え方によって印象はガラッと変わります。

まとめ:面接での逆質問のポイント

f:id:nodame79:20200521192214j:image

転職の面接での逆質問は、面接の最後に行うことが多く、応募者の不安を取り除いてあげることができます。

 

また、応募者にとっては、最後に自己PRが出来る挽回のチャンスでもあるんです。

 

最後に、本記事の内容をまてめておきます。

  • 逆質問で待遇面だけの確認をするのはNG
  • 仕事に関する質問をした後に、待遇面は確認するべき
  • 待遇面で聞きたいことは、ストレートに聞くのではなく聞き方を工夫する

逆質問の時間は、応募者が自由に発言出来る時間となっています。

 

ラストチャンスの時間を自己PRに繋げる質問が出来るかどうかが、転職活動において大きな分岐点です。

 

「面接合否は最後の2分で勝負が決まる」とも言われています。

 

面接の逆質問では、自己PRが出来るような質問をすることを心がけて下さい。

  

◆あなたにおすすめの記事◆

 

【スポンサーリンク】