転職の適性検査で落ちる理由は2つ!適正検査の対策は絶対にするな!

転職活動での適性検査で落ちる理由ってなんだろう?適性検査対策はした方がいいのかな?

本記事では、そんな疑問にお応えします。

【本記事の内容】

  • 転職での適性検査で落ちる理由
  • 適性検査の対策は必要?
  • 適性検査はありのまま正直に答えるべき

わたしは4度の転職経験があり、適性検査で落ちてしまった経験が何度かあります。

適職診断で落ちてしまった一番の理由は、「ネットの情報を信じて対策をしてしまった」ことです。

転職の適性検査は、対策をしない方が絶対にいいです!

本記事では、適性検査で落ちてしまう理由・対策をしない方が良い理由を詳しく解説していきます。

【スポンサーリンク】
目次

転職の適性検査で落ちる理由は2つ!

f:id:nodame79:20201126225204j:plain

繰り返しになりますが、転職の適性検査で不合格になってしまうことはよくあることです。

不適正検査で合格になってしまう理由は、2つ。

  1. 企業の求めている人物像と違う
  2. 回答に一貫性がない

1.企業の求めている人物像と違う

企業が求めている人物像と、あなたの性格がマッチしていなければ不合格になってしまいます。

適性検査では、面接ではわからなかった「あなたの本音」を探ることが出来ます。

適性検査にすべて本音で回答し、不合格になってしまったのなら受け入れるしかありません。

もし、嘘をついて合格したとしても入社後に苦労するだけです。

適性検査で事前にマッチングしなかったことは、「逆に良かった」と思うようにしましょう!

2.回答に一貫性がない

不採用になってしまう理由として多いのが、「一貫性が無い!」というものです。

わたしも一貫性が無いということで、不採用になってしまったことがあります。

企業からの不採用内容は、以下のものでした。

【不採用理由】

人柄・経験は高く評価しました。

しかし、適性検査の結果「一貫性がない」という割合が少し多かったことが不採用理由とのことです。

残念ですが、ご了承くださいますようお願い申し上げます 。

「 一貫性がない」と判断されてしまった理由は、企業が求める人物像に自分を近づけようと意識しすぎたためです。

自分の考えのまま、正直に回答しておけば「 一貫性がない」と判断されてしまうことはありません。

転職の適正検査対策は絶対にするな!

f:id:nodame79:20201026123306j:plain

わたしの経験から言えることは、適職検査の対策はやってはいけません。

わたしはネットの情報を鵜吞みにし、企業が求める人物像に近い回答をするようにしてしまいました。

適性検査の質問数は200近くあり、いくら対策をしたところで本音が出てしまうんですよね。

企業に近づけようと心掛けて回答しても、必ずボロが出てしまうんです。。

転職の適性検査の対策は、何もしないのが一番の対策です。

転職の適性検査はありのまま正直に答えるべき

f:id:nodame79:20201022184213j:plain

転職の適性検査では、ありのまま正直に答えるべき。

ネットの情報は、信じてはいけません。

  • 企業が求めている人物像に合わせる
  • 事前に模擬試験を受けて自分を把握しておく

適性検査の対策がありますが、もし仮に偽りの自分が合格したとしても嬉しくありませんよね?

嘘をついて入社したとしても、その後苦しむだけです。

適性検査は、対策をせずにありのまま正直にうけることをおすすめします。

まとめ

f:id:nodame79:20201022183835j:plain

「適性検査の対策をしっかりとしよう!」という情報もありますが、信じてはいけません。

自分を偽っても、必ず嘘はバレます。

嘘がバレるどころか、本当は内定が貰えてたかもしれないのに「一貫性が無い」という理由で不採用になってしまうこともありえます。

わたしと同じ経験をしないように、転職の適性検査では「ありのままの自分で正直に回答」してください!

【スポンサーリンク】
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる