リクナビネクストはめんどくさいって本当?たった5分で人生が変わる

リクナビネクストってめんどくさいの?登録後メールがたくさん来て大変なの??

そんな疑問にお応えします。

結論から先に言うと、リクナビネクストでめんどくさいと感じるのは初めの5分だけです。

登録さえ終わってしまえば、あとはめんどくさいと感じることはありません。

登録後はメールマガジンを解除しておけば、メールがたくさんくることもないので安心してください。

【本記事の内容】

  • リクナビネクストはめんどくさくない
  • リクナビネクストの登録方法を解説
  • リクナビネクストの活用法

わたしは過去に4度の転職経験があり、リクナビネクストを誰よりも利用してきました。

何度もリクナビネクストを利用していますが、めんどくさいと思ったことは一度もありません。

リクナビネクストは、転職成功者の8割以上が利用している転職サイトなのでめんどくさいわけないんです。

本記事では、「リクナビネクストを最短で登録する方法」「リクナビネクストを転職に活かす方法」をお伝えします。

5分もあれば登録が完了するので、サクッとリクナビネクストに登録していきましょう!

登録後は自動で職務経歴書・履歴書が自動で作成されるので、はじめの5分を頑張るだけで転職活動が楽になりますよ。

急ぎの方は、下記ページから登録することが出来ます。

目次

リクナビネクストがめんどくさいと感じるのは最初の5分だけ

f:id:nodame79:20201022085240j:plain

リクナビネクストは、転職成功社の80%以上が利用してる業界NO.1の転職サイトです。

転職を成功させるには、リクナビネクストの登録が必須となっています。

しかし、ネットで「リクナビネクスト」を検索してみると「リクナビネクスト めんどくさい」という情報が出てきてしまいます。

「めんどくさい」というワードをみて、リクナビネクストの登録をためらうのはもったいないです。

リクナビネクストに限らず、転職活動って正直めんどくさいんですよ。

  • 転職サイトの登録がめんどくさい
  • 履歴書を書くのがめんどくさい
  • 職務経歴書の作成がめんどくさい
  • 面接対策をするのがめんどくさい

「リクナビネクストでめんどくさい」と感じるのは初めの登録だけです。

めんどくさいといっても、5分もあれば登録することができるので安心してください。

スマホからでもたった5分で登録が終わるので、ここだけは頑張りましょう!

登録さえ終われば、リクナビネクストがあなたの転職を助けてくれます。

リクナビネクストへ最短で登録する方法

f:id:nodame79:20201022122010j:plain

それでは、リクナビネクストの登録方法を紹介します。

リクナビネクストの登録には、7つのステップが必要です。

  1. メールアドレスを登録
  2. メールに届いたURLにアクセス
  3. 会員情報の入力
  4. プロフィールの入力
  5. 勤務先情報・スキルの入力
  6. 経験職務を入力
  7. リクルートエージェント登録の選択
えっ!7つもステップがあるの?めんどくさくない??

と、めんどくさいと思うかもしれませんが、5分もあれば登録できてしまうのでサクッと登録していきましょう!

この5分を頑張ることで、転職活動がグッと楽になります。

1.メールアドレスを登録

f:id:nodame79:20201108132014j:image

まずは、リクナビネクストのホームページにアクセスしてメールアドレスを入力します。

メールアドレスは、GmailやYahooメールなど無料のメールアドレスで問題ありません。

よく「転職用のメールアドレスを作りましょう!」とかありますが、めんどくさいですよね。

わざわざ、転職用に新しいメールアドレスを作る必要はありません

今利用しているメールアドレスを利用しましょう!

フォルダーを分けておけば、メールがぐちゃぐちゃになることもありませんよ。

2.メールに届いたURLにアクセス

f:id:nodame79:20201108132032j:image

メールアドレスを登録すると、リクナビネクストからURLが送られてきます。

URLにアクセスし、リクナビネクストの登録に進みます。

3.会員情報の入力

f:id:nodame79:20201108132054j:image

次に会員情報を入力していきます。

登録項目は、8つです。

  1. ※パスワードの設定(6~20桁)
  2. ※氏名
  3. ※生年月日
  4. 性別
  5. 住所
  6. 電話番号
  7. 自動ログイン設定選択
  8. メールマガジンの設定

※は、登録必須項目になっています。

めんどくさがりの人は、必須項目だけの登録で問題ありません。

注意してほしいのは、メールマガジンの配信を解除しておくこと!

f:id:nodame79:20201108132114j:image

メルマガに登録してしまうと、リクナビからメールがどんどん届いてしまいます。

メルマガは登録する必要はないので、配信を解除しておきましょう!

4.プロフィールの入力

f:id:nodame79:20201108133851j:image

次に、プロフィールを入力していきます。

入力項目は、10個。

全て登録必須項目になっています。

  1. 希望転職時期
  2. 希望の職種
  3. 希望の勤務地
  4. 郵便番号
  5. 電話番号
  6. 就業状況
  7. 雇用形態
  8. 現在または直前の職種
  9. 年収
  10. 最終学歴

10項目もあるとめんどくさく感じるかもしれませんが、すぐに入力は終わります。

めんどくさい方は、希望職種や勤務地は▢こだわらないを選んでおくと時短できます。

5.勤務先情報・スキルの入力

f:id:nodame79:20201108135736j:image

続いて、勤務情報を入力します。

もう少しで、登録完了です。頑張りましょう!

登録項目は、6つ。

  1. ※経験社数
  2. ※在籍期間
  3. ※社名
  4. ※業種
  5. TOEICの点数
  6. レジュメの非公開設定

※は、登録必須項目です。

ここでめんどくさく感じるのは、経験社数の登録です。

転職を何回も経験してる人は、すべて登録しなければなりません。

こわたし転職経験4回もあるんだけど。。全部を登録するの?

転職回数が多い人は、とりあえず直近の勤務先だけ登録しておけば問題ありません

後から修正は出来るので、急いでる方は直近の1社だけ登録しておきましょう!

ただし、企業に応募する前までにはしっかりと情報を追加しておいてください。

勤務情報をしっかりと記入しておくことで、職務経歴書の作成がグッと楽になります。

6.経験職務を入力

f:id:nodame79:20201108150518j:image

最後に、経験職務を入力します。

この項目は登録必須ではないので、急ぎの方は登録しなくて大丈夫です。

ただ、個人的にはしっかりと情報を入力しておくことをおすすめします。

というのも、リクナビネクストでは経験職務の入力をもとに自動で職務経歴書を作成してくれます。

経験職務をしっかりと記入しておけば、めんどくさい職務経歴書の作成時間を短縮することが出来ますよ。

7.リクルートエージェント登録の選択

f:id:nodame79:20201108150533j:image

最後に、リクルートエージェント登録のチェック欄が出てきます。

とりあえずリクナビネクストの求人だけ見たい人は、登録する必要はありません。

チェック欄をはずすようにして下さい。

間違って登録してしまうと、リクルートエージェントからメールか電話がかかってきてしまいます。

リクルートエージェントへ同時に登録したい方だけ、申し込みをしてください。

わたしはリクルートエージェントの登録は、後から別で行いました。

以上で、リクナビネクストの登録は終了です。お疲れ様でした。

リクナビネクストでめんどくさい職務経歴書が自動でつくれる

f:id:nodame79:20201108174308j:image

リクナビネクストを利用すれば、職務経歴書・履歴書は自動で作成してくれます。

職務経歴をしっかり記入すれば、めんどくさい書類も一瞬で作ってくれるんです。

ゼロから書類を作るのって、大変なんですよね。

めんどくさい履歴書の作成・職務経歴書の作成を自動でやってくれるのは、かなりありがたいです。

履歴書・職務経歴書を無料でダウンロードできるだけでも、リクナビネクストを利用する価値があると思います。

めんどくさがりの人こそ、リクナビネクストを利用することをおすすめします。

リクナビネクスト登録後の使い方

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20210424073427-1024x685.jpg

ここからは、リクナビネクストを使って転職を成功させ方法をお伝えします。

リクナビネクストは、大きく分けて3つの使い方があります。

  1. 求人を探す
  2. オファーを待つ
  3. 自己分析ツールとして利用する

それぞれ詳しくみていきます。

1.求人を探す

自分の探したい条件に合わせて、求人を探します。

一番オーソドックスな使い方です。

条件を指定して検索をすると、求人がたくさん出てきます。

  • 「どんな求人があるのか?」
  • 「希望する仕事はあるのか?」
  • 「転職可能な求人はありそうか?」

不況だと言われている今でも、求人が山ほどあることがわかります。

気になる企業があればそのまま応募しても問題ありませんが、おすすめは転職エージェントを通して求人に応募することです。

  1. 転職サイトで求人を探す ⇒
  2. 気になる企業があれば転職エージェントに相談してみる

転職エージェントを通じて企業に応募することが出来れば、エージェントから推薦状を貰うことが出来きます。

転職エージェントは多くの会社がありますが、リクナビネクストと同時に使うならリクルートエージェントがおすすめです。

リクナビネクストとリクルートエージェントは同じ会社が経営しているので、情報も共有してくれています。

検索結果の行動履歴をもとに求人を紹介してくれるので、転職活動をスムーズに進めることが出来るようになります。

リクルートエージェントの詳しい内容が知りたい方は、下記ページを参考にしてください。

あわせて読みたい
リクルートエージェントの口コミ・評判はひどい?メリット・デメリットを紹介 そんな疑問にお応えします。 結論から先に言うと、リクルートエージェントには悪い口コミもたくさんあります。 しかし、利用者が多いからこそ悪い評判も目にするのだと...

2.オファーを待つ

リクナビネクストに登録すると、企業からオファーを受けることが出来ます。

「応募しませんか」「面接に来ませんか」などのオファーがあるので、気になる企業があればどんどん応募してみて下さい。

ただし気を付けて欲しいのが、「オファー = 採用とはならない」という点です。

オファーを受けたからと言って期待していると、無駄に凹むことになってしまいます。

あわせて読みたい
リクナビネクストの「応募しませんか?」オファーでも不採用になる理由 そんな疑問にお応えします。 結論から先に言うと、リクナビネクストの「応募しませんか?」のオファーが来ても転職が有利になることはありません。 残念ながら「応募し...

3.自己分析ツールとして利用する

リクナビネクストは、自己分析ツールとしても利用することが出来ます。

グッドポイント診断では、無料で自分の強みを5つ知ることが出来るようになっています。

質問に答えるだけで、めんどくさい自己分析が簡単にできます。

グッドポイント診断の結果は無料とは思えないほど当たっており、転職活動に活かすことが出来ます。

グッドポイント診断の結果をそのまま職務経歴書に記載することも出来るので、職務経歴書作成の悩みも軽減してくれます。

せっかくリクナビネクストに登録したのなら、グッドポイント診断をやらないと損しますよ。

\ 無料で自己分析/

あわせて読みたい
【無料】グッドポイント診断をやってみた!診断結果を活かす3つの方法 そんな疑問を解決します。 結論から先に言うと、グッドポイント診断は無料にもかかわらず診断結果を転職に活かすことができるツールです。 しかし、「グッドポイント診...

リクナビネクストのメリット・デメリット

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20210425084234-1024x726.jpg

リクナビネクストは、転職には欠かせない素晴らしい転職サイトです。

しかし、リクナビネクストにデメリットがあるのも事実です。

ここだは、リクナビネクストのメリット・デメリットを紹介します。

リクナビネクストのデメリット

まずは、リクナビネクストのデメリットを紹介します。

  1. 求人のなかにはブラック企業がある
  2. 転職サポートは受けられない

1.求人のなかにはブラック企業がある

リクナビネクストの求人のなかには、ブラック企業も混じっているので注意してください!

支持される転職サイトだからといって、求人すべてがホワイト企業とは限りません。

「リクナビネクストの求人だから安心!」と思っているのなら、考えを改めたほうがいいです。

ブラック企業に捕まらないためにも、転職会議などの口コミサイトは必ず確認するようにして下さい!

あわせて読みたい
ブラック企業の見分け方は3つ!求人票・面接で見極めるのは無理? そんな疑問にお応えします。 結論から先に言うと、ブラック企業を見分けるには3つの方法しかありません。 面接で企業を細かくチェックする 求人票を細かくチェックする ...

2.転職サポートは受けられない

リクナビネクストでは、転職サポートを受けることが出来ません。

転職活動を相談しながら進めていきたい人にとっては、リクナビネクストだけの利用では不十分なのです。

  • 「どんな仕事で高く評価されるのか知りたい」
  • 「職務経歴書の作成がわからない」
  • 「面接の対策方法を知りたい」

転職活動に不安がある人は、転職の相談にのってくれる転職エージェントと併用することをおすすめします。

転職エージェントでは、転職のプロが全力で転職活動をサポートしてくれます。

また、転職エージェントが扱う求人は一般には公開されていない非公開求人がほとんどです。

転職サイトでは見つけることができなかった、優良企業の求人も見つかります。

  • 「転職のサポートを受けながら転職活動をしたい」
  • 「一般公開されていない非公開求人に応募したい」

と思っている人は、いちど転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは多くの会社がありますが、リクナビネクストと同時に使うならリクルートエージェントがおすすめです。

リクナビネクストとリクルートエージェントは同じ会社が経営しているので、情報も共有してくれています。

検索結果の行動履歴をもとに求人を紹介してくれるので、転職活動をスムーズに進めることが出来ますよ。

リクルートエージェント

リクナビネクストのメリット

次に、リクナビネクストを利用するメリットを紹介します。

  1. 求人数が多くて選択肢を広げやすい
  2. 応募書類が簡単に作れる
  3. グッドポイント診断が優秀

    1.求人数が多くて選択肢を広げやすい

    リクナビネクストの求人数は業界NO.1となっており、5.3万件もの求人を扱っています。

    リクナビネクストの求人数は、他社を圧倒しています。

    • リクナビネクスト:5.3万件
    • マイナビ転職:1.4万件
    • エン転職:約5,000件
    • type:約2,500件

    (※2021年8月現在)

    求人数が多いということは、それだけ転職の可能性を広げることが出来ます。

    「どこの転職サイトに登録すればいいかわからない?」という人は、とりあえずリクナビネクストに登録しておけば間違いありません。

    2.応募書類が簡単に作れる

    先程も紹介しましたが、リクナビネクストに職務経験を入力すると自動で応募書類を作成してくれます。

    めんどくさい履歴書・職務経歴書の作成を自動で完成させてくれるのは、神です。

    求人に応募する時も、ボタンひとつでそのまま使えるのでとてもラクになります。

    3.グッドポイント診断が優秀

    無料で自己分析ができる「グッドポイント診断」の優秀さが、リクナビネクストが支持される理由だとわたしは思います。

    求人に応募する気がなくても、グッドポイント診断だけは絶対にやっておくべきです。

    わたしはグッドポイント診断の結果を職務経歴書に書くなど、転職活動に大きく役立ちました。

    転職活動をスタートしたら、まずは無料で利用できる「グッドポイント診断」を受けてみて下さい!

     \ 無料で自己分析 /

    まとめ:リクナビネクストはめんどくさくない!

    f:id:nodame79:20201014181747j:plain

    リクナビネクストは、めんどくさい転職サイトではありません。

    一番めんどくさいと感じる会員登録も5分もあれば完了してしまいます。

    リクナビネクストの利用は無料ですし、転職を考えているのなら絶対に登録しておくでき転職サイトです。

    1. 求人数が多くて選択肢を広げやすい
    2. 応募書類が簡単に作れる
    3. グッドポイント診断が優秀

    求人数NO.1のリクナビネクストなら、あなたの人生を変える求人が載っているはずです。

    転職を実現し、明るい未来をつかみ取りましょう!



    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる