面接官が採用したいと思う人はどんな人?中途採用面接官の本音

f:id:nodame79:20200305190237j:image

面接官って何を見てるの?どんな人を採用しようと思うの?面接官の本音を知りたいな。。

そんな疑問にお応えします。

【本記事の内容】

  • 面接官が採用したいと思う人の特徴
  • 面接官の本音
  • 面接で質問すること

先日、中途採用の面接官をはじめて経験しました。

転職を4回経験しているわたしは、面接には慣れっこです。

しかし、面接する側にたつのは初めてのことでした。

人生初の面接官を経験し、面接で感じたことを素直に書いていきます。

本記事が、転職活動中の方の参考になれば幸いです。

【スポンサーリンク】
目次

面接官が採用したいと思う人はどんな人?

f:id:nodame79:20200305190602j:image

人生初の面接官を経験し、採用したいと思った人は以下の人です。

  • 第一印象の良い人
  • 今までの経験が活かせる人
  • 自分と合いそうな人

採用したいと思う一番のポイントは、自分と合うかどうかという点です。

今後仕事を一緒にしていくにあたって、人の相性はとても大切だと感じました。

気の合わない人と一緒に仕事をするのはしんどいです。

せっかくなら、嫌いな仕事を少しでも楽しくしていきたいですからね。

中途採用の面接官をはじめて経験

f:id:nodame79:20200305190456j:image

今の会社に入社してまだ1年半ですが、わたしの部下となる人を募集することになりました。

まさか、自分が面接官になる日が来るなんて思ってもいませんでしたよ。

面接官は面接のプロでしょ?と思っていましたが、全然そんなことはありません。

中小企業では、現場の人が面接を担当することも多い気がします。

面接の進め方

f:id:nodame79:20200305190710j:image

はじめての面接ということで、面接の進め方から勉強しました。

人生初の面接官となると、何を見ればよいかわかりませんからね。

面接をするにあたり、下記のページを参考にさせてもらいました。面接でNGワードがあるなんて、はじめて知りましたよ。

[https://careerlab.tenshoku.mynavi.jp/knowhow/knowhow-4109/:embed]

面接で質問したこと

f:id:nodame79:20200305190519j:image

なるべく本音を聞きたいという思いもあり、面接ではリラックスして話をしてもらうことを心掛けました。

実際の面接の流れは、以下のとおりです。

  1. 会社説明
  2. 自己紹介
  3. 志望動機
  4. 退職理由
  5. 転職で実現したいこと
  6. 逆質問

面接で質問したことは、基本的な項目です。

わたしが今までの面接で、必ず聞かれたことだけを質問しました。

正直、あれこれ聞いても良くわからなくなりそうですからね。

  1. 自己紹介
  2. 志望動機
  3. 退職理由
  4. 転職で実現したいこと

この4点だけで、ある程度どんな人なのか理解する事が出来ました。

なかでも、退職理由と転職して実現したいことは細かく確認をしました。

退職理由が転職して解消されなかったら、転職する意味がありません。

退職理由と志望動機の一貫性は、物凄く大切です。

面接官としては、「転職しても、また辞めてしまうんじゃない?」という不安がありますからね。

面接官を納得させる転職理由がとても大切だなと感じました。

面接官をやってみて感じたこと

f:id:nodame79:20200305190538j:image

人生初の面接官を経験し、感じたことがひとつ。

第一印象は、もの凄く大切!

転職活動中も、第一印象には気をつけていました。ひとは、出会って10秒で人を判断する!と言われていますからね。

実際に面接官をやってみて、第一印象の大切さを改めて感じましたよ。

  • 清潔感があるか
  • 礼儀正しい人か
  • 感じの良い人か

面接会場に入った瞬間の印象で、その人がどんな人かイメージしたんですよね。

第一印象が悪いと、面接をやるのも億劫になってきます。

まとめ

f:id:nodame79:20200305190735j:image

最後に、本記事の内容をまとめておきます。

  • 面接官は、素人の事がよくある
  • 面接では、第一印象がとても大切
  • 面接では、一緒に働きたいと思わせることが大切
  • 最終的には、相性が大事

中途採用の面接では、即戦力になる人を求めています。また、会社との相性も見られます。

例え不採用だったとしても、それは相性が悪かっただけかもしれません。

日本には、400万以上の会社が存在します。諦めずに転職活動をしていれば、必ず自分と相性の良い会社が見つかるはずです。

就職・転職する際には、会社の情報をしっかり集めてから入社を決めましょう。

【スポンサーリンク】
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる