転職してはいけない人の特長は?「転職すべき人・とどまるべき人」

転職が当たり前となった世の中ですが、転職をする事で皆がキャリアアップ出来るとは限りません。

転職にはリスクがつきものなんですよね。また、転職には向き不向きもあるようです。

先日、エンジャパンが「転職すべき人・現職にとどまるべき人実態調査」を発表しました。

エンジャパンが発表した「転職すべき人・現職にとどまるべき人実態調査」によると、転職希望者の3人に1人は転職しない方が良い人だと発表しています。

転職せずに現職にとどまるべき人が、3割以上もいる事に驚きます。

転職支援のプロが言うのだから、間違いないんでしょうね。

本記事では、転職してはいけない人の特長を説明してきます。

【スポンサーリンク】
目次

転職してはいけない人の特徴

どのような人が「転職すべきでない人」なんでしょうか?

現職にとどまるべき人の特徴が挙げられています。

①本人の希望と、転職市場での市場価値にギャップがある

②転職回数が多く、これ以上の転職には大きなリスクが伴う

③キャリアップできない理由が会社にあると思っている

引用:「ミドル転職」アンケート

わたしは会社が倒産し転職せざる状況でしたが、自分の希望する会社は少ないことを実感しました。

転職市場では、自分の価値が思ったより低いことにショックを受けたものです。

転職を考えているのなら、日頃から自分の市場価値を把握しておくことは大切ですね。

転職すべき人の特徴

転職すべきでない人が一定数いるようですが、70%以上は「転職すべき人」のようです。

転職すべき理由が、3つ挙げられています。

①今後やりたいことと、転職理由に整合性がある

②現職企業に将来性がない

③現職企業では、本人の希望が絶対に叶わない

引用:「ミドル転職」アンケート

転職理由が前向きな人は、やはり転職すべき人なんです。

今後やりたい事を実現する為の転職は、人生を豊かにしてくれるんでしょうね。

まとめ

「転職すべき人・現職にとどまるべき人実態調査」を見て、転職すべきでない人かま30%以上いる事に驚きました。

転職が当たり前の時代ですが、転職しない方が良い人もいるんですね。

転職して明るい未来を掴み取れれば最高ですが、皆が転職に成功するわけではありません。

会社により人生は大きく変わってしまうので、転職は慎重に行いたいものです。

転職を成功させるためには、しっかりとした軸をもつ事が大切なのではないかと思っています。

  • 転職で実現したい事
  • 将来どうなりたいのか?
  • 現職では、やりたい事が出来ないのか?
  • 逃げ出したいだけではないのか?

転職活動をするにあたって、自分ととことん向き合う事が大切です。

トヨタ式「なぜ?」ではありませんが、なぜ?を5回繰り返し自分に問いてみると、自然と答えが出てくるはずです。

また、転職を成功させる為には日頃から自分の市場価値を知っておく事も大切です。

客観的に自分を見る癖をつけておくと、よいかもしれませんね。

【スポンサーリンク】
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる