ゆるりと転職

あなたの転職をお手伝いします!

年間休日105日は想像以上にきつい!休みの少ない会社への転職はやめとけ

f:id:nodame79:20200723103039p:image

年間休日105日ってキツイのかな?どんな生活になるんだろう?

 

そんな疑問にお応えします。

 

結論から言うと、年間休日105日は想像以上にきついです。休みが少なく、疲れが取れない生活が待っていますよ。

 

年間休日105日は、労働基準法が定める最低限の休日数ですからね。

 

わたしは、年間休日105日の会社で働いていたことがあります。連休は無く、どこにも旅行に行けない生活を送っていました。

 

年間休日105日って、想像よりもキツイんです。

 

何の為に働いているんだ?と思うこともあり、年間休日が多い会社を羨ましく思っていました。

 

年間休日が少ない会社で働くと、プライムベートの時間が少なくなってしまいます。

 

休みの日は寝て過ごすだけ、ということになってしまうかもしれませんよ。

 

もし転職をするのなら、出来れば120日ほど休みがある会社を選ぶことをおすすめしますよ。

【スポンサーリンク】  

年間休日105日は想像以上にきつい!

f:id:nodame79:20200728192608j:image

わたしは、年間休日が105日の会社に勤めていたことがあります。

 

就職する時は、年間休日は特に気にしていませんでした。休日が少なくても、問題ないだろと考えていたんです。

 

しかし、実際に働いてみると想像以上にしんどい。。

 

疲れがとれず、休みは寝て終わってしまう、、なんてこともよくありました。

  • 休みが少ないので、友人と遊ぶ時間が減る
  • 疲れがなかなか取れない
  • 連休が無く、どこにも旅行に行けなかった
  • 休日出勤があると2週間休みが無いことがあった

年間休日105日の生活は、想像以上にキツイです。

年間休日105日の内訳

f:id:nodame79:20200728183445j:image

年間休日105日は、いったいどんなスケジュールになるのでしょうか?

 

わたしが過去に勤務していた、年間休日105日の会社のカレンダーを紹介します。

年間休日105日(長期連休なし)の会社

まず1社目は、物流会社です。長期連休は無く、祝日は交代で勤務していました。

 

基本的な休みは、以下のとおりでした。

  • 日曜日
  • 閑散期の土曜日
  • 祝日(交代で出勤)

この会社のしんどかった点は、繁忙期は日曜日しか休みが無かったことです。

 

週1日の休みが続くと、疲れが全くとれないんですよね。

 

また、休日出勤があると最悪です。2週間休みが無いなんてこともあり、かなりしんどかったです。

 

まぁ、その分お給料は良かったですけどね。

年間休日105日(長期連休あり)の会社

2社目は、住宅設備の会社。年間休日105日でしたが、長期連休が年3回ありました。

 

基本的な休みは、以下のとおりでした。

  • 日曜日
  • 土曜日(月1・2回)
  • 祝日
  • 長期連休3回(GW・お盆・年末年始)

年間休日が少なくても、長期連休がある会社はあります。

 

しかし、その分土曜日出勤がめちゃくちゃ多かったです。

 

土曜日の休みが1回だけの月もあり、休みの日は寝て過ごすだけの日が多かったですよ。

年間休日105日は少ない!

f:id:nodame79:20200728192704j:image

厚生労働省のデータによると、日本企業の年間休日の平均は114.7日のようです。

 

企業規模によって年間休日日数は、大きな差があります。

「企業規模別の年間休日数」

・1000人以上:115.5日

・300~999人:113.3日

・100~299人:111.1日

・30~99人:107.5日

参照:厚生労働省「平成31年就労条件総合調査」

「会社規模が大きくなるほど年間休日数も多くなる」という傾向があるようです。

  

年間休日105日がいかに少ないかが、よくわかります。

 

年間休日105日は、労働基準法が定める最低限の休日数ですからね。

 

休みの多い会社に比べると、年間20日以上も会社に行かないといけないと考えるとゾッとしませんか?

 

20日というと、約1ヶ月分も余分に働くことになってしまいます。

 

休みの少ない会社への転職はやめとけ

f:id:nodame79:20200728193458j:image

 

年間休日105日と年間休日120日以上での生活は、全く違ってきます。

 

休みが多いだけで、生活が豊かになるんですよね。

 

完全週給2日制の会社に勤務すると、今までの生活が馬鹿らしくなってきますよ。

業界別の年間休日日数

年間休日の日数は、企業規模よりも業界によって大きく違ってきます。

 

業界別の年間休日の平均を、まとめてみました。

  1. 情報通信業 118.8日
  2. 学術研究、専門・技術サービス業 118.8日
  3. 金融業、保険業 118.4日
  4. 電気・ガス・熱供給・水道業 116.8日
  5. 教育、学習支援業 112.7回
  6. 製造業 111.4日
  7. 複合サービス事業 110.4日
  8. 不動産業、物品賃貸業 109.6日
  9. 医療、福祉 109.4日
  10. サービス業(他に分類されないものの)109日
  11. 卸売業、小売業 105.7日
  12. 生活関連サービス業,娯楽業 104.6日
  13. 建設業 104日
  14. 鉱業、採石業、砂利採取業 103.8日
  15. 運輸業、郵便業 100.3日
  16. 宿泊業、飲食サービス業 97.1日

データ参照:厚生労働省「平成30年就労条件総合調査」

 

大企業に転職するのは難しいかもしれませんが、年間休日の多い業界には転職できますよね。

 

転職するなら、休みが多い会社の方が絶対にいいですよ。

まとめ

f:id:nodame79:20200728195550j:image

年間休日105日の生活は、想像以上にキツイです。

  • 休みが少ないので、友人と遊ぶ時間が減る
  • 疲れがなかなか取れない
  • 連休が無く、どこにも旅行に行けなかった
  • 休日出勤があると2週間休みが無いことがあった

転職するなら、年間休日の多い会社を選ぶことをおすすめします。

 

休みが少なくて辛い、、と思っている方は、休みが多い業界への転職を検討してみては、いかがでしょうか?

 

◆あなたにおすすめの記事◆

 

【スポンサーリンク】