おすすめの転職エージェントはどこ? 詳細はこちら

【やめとけ】年間休日105日はしんどい!休みが少ない会社には転職するな

年間休日105日ってしんどいのかな?どんな生活になるんだろう?転職は辞めておいたほうがいいのかな?

そんな疑問にお応えします。

本記事を読むことで、年間休日105日の生活をイメージすることが出来ます。

【本記事の内容】

  • 年間休日105日は想像以上にしんどい
  • 年間休日105日のリアルな生活
  • 年間休日の多い会社に転職する方法

わたしは年間休日105日の会社に勤めていましたが、休日が少なすぎて転職した経験があります。

年間休日105日の生活は、想像以上にしんどいです。

転職をするのなら、年間休日120日以上の休みが多い会社を選ぶことをおすすめします。

本記事では、「年間休日105日の会社への転職は辞めておいたほうが良い理由」を詳しく説明していきます。

【スポンサーリンク】
目次

年間休日105日はしんどい。。転職は辞めておけ!

わたしは、年間休日が105日の会社に勤めていました。

転職を決定する時は、「休日が少なくても問題ないだろ」と考えていましたが大間違い!

年間休日105日で実際に働いてみると、想像以上にしんどい生活が待っていました。

  • 休みが少ないので、友人と遊ぶ時間が減る
  • 疲れがなかなか取れない
  • 連休が無く、どこにも旅行に行けない
  • 休日出勤があると2週間休みが無いことがある

年間休日105日の生活は、想像以上にキツイです。

年間休日の少ない会社への転職を考えているのなら、一度考え直してください。

年間休日105日への転職は、絶対に辞めておいた方がいいですよ!

年間休日105日の内訳・カレンダー

年間休日105日は、いったいどんなスケジュールになるの?

ここでは、わたしが過去に勤務していた年間休日105日の会社のカレンダーを2つ紹介します。

1.年間休日105日(長期連休なし)の会社

まず1社目は、年間休日105日で長期連休が無かった会社です。

基本的な休みは、以下のとおり。

【年間休日105日(長期連休なし)の会社の休み】

  • 日曜日
  • 閑散期の土曜日
  • 祝日(交代で出勤)

長期連休は無く、祝日は交代で勤務していました。

この会社のしんどかった点は、繁忙期は日曜日しか休みが無かったことです。

週1日の休みが続くと、疲れが全くとれないんですよね。

また、休日出勤があると最悪です。

2週間休みが無いなんてこともあり、かなりしんどい生活を送っていました。

2.年間休日105日(長期連休あり)の会社

2社目は、年間休日105日で長期連休ありの会社です。

基本的な休みは、以下のとおり。

【年間休日105日(長期連休あり)の会社の休み】

  • 日曜日
  • 土曜日(月1・2回)
  • 長期連休3回(GW・お盆・年末年始)

年間休日が少なくても、長期連休がある会社はあります。

しかし、その分土曜日出勤がめちゃくちゃ多い。。

土曜日の休みが1回だけの月もあり、休みの日は寝て過ごすだけの日が多かったですよ。

年間休日の多い業界・企業規模

年間休日は、業界・企業規模によって大きく変わってきます。

ここでは、「企業規模別の年間休日」「年間休日が多い業界」を紹介していきます。

企業規模別の年間休日

ここでは、企業規模別の年間休日を見ていきます。

「会社規模が大きくなるほど年間休日数も多くなる」という傾向があるようです。

「企業規模別の年間休日数」

・1000人以上:115.5日

・300~999人:113.3日

・100~299人:111.1日

・30~99人:107.5日

参照:厚生労働省「平成31年就労条件総合調査」

企業規模によって年間休日数は、大きな差があります。

年間休日を大切にするなら、小さい会社への転職は辞めておいたほうがよさそうです。

ちなみに、日本企業の年間休日の平均は114.7日となっています。

業界別の年間休日数

年間休日の日数は、業界によって大きく違ってきます。

業界別の年間休日の平均は、以下のとおりです。

  1. 情報通信業 118.8日
  2. 学術研究、専門・技術サービス業 118.8日
  3. 金融業、保険業 118.4日
  4. 電気・ガス・熱供給・水道業 116.8日
  5. 教育、学習支援業 112.7回
  6. 製造業 111.4日
  7. 複合サービス事業 110.4日
  8. 不動産業、物品賃貸業 109.6日
  9. 医療、福祉 109.4日
  10. サービス業(他に分類されないものの)109日
  11. 卸売業、小売業 105.7日
  12. 生活関連サービス業,娯楽業 104.6日
  13. 建設業 104日
  14. 鉱業、採石業、砂利採取業 103.8日
  15. 運輸業、郵便業 100.3日
  16. 宿泊業、飲食サービス業 97.1日

データ参照:厚生労働省「平成30年就労条件総合調査」

大企業に転職するのは難しいかもしれませんが、年間休日の多い業界には転職できますよね。

転職するなら、休みが多い会社の方が絶対にいいですよ。

まとめ:年間休日105日はしんどい!

転職するなら、年間休日の多い会社を選ぶことをおすすめします。

年間休日105日の生活は、想像以上にしんどいです。

  • 休みが少ないので友人と遊ぶ時間が減る
  • 疲れがなかなか取れない
  • 連休が無くどこにも旅行に行けない
  • 休日出勤があると2週間休みが無いことがある

年間休日105日の会社への会社へ転職を考えているのなら、よーく考えてください。

仕事よりもプライベートを充実させたいと思っているのなら、絶対に辞めておいた方がいいですよ。

年間休日の多い会社への転職を実現するためには、非公開求人で会社を選ぶのがポイント!

転職エージェントでは、年間休日120日以上の会社の求人も数多く扱っています。

「年間休日が多い会社に転職したい!」と伝えれば、年間休日の多い会社だけ求人を紹介してくれます!

「どこの転職エージェントに登録すればよいかわからない。。」という方は、「転職エージェント比較表」のページを見てみてください。

【スポンサーリンク】
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる