ゆるりと転職

あなたの転職をお手伝いします!

住宅営業は何がきつい?入社1年でハウスメーカーを退職した5つの理由

f:id:nodame79:20201013193752j:image

 

住宅営業マンの仕事は何がキツいの?住宅営業はなぜ離職率か高いの?

 

本記事は、そんな方に向けて住宅営業の厳しい現状をお伝えします。

  

ハウスメーカーに就職・転職しようとしてる方の参考になれば幸いです。 

 

わたしは大学卒業後、大手ハウスメーカーに就職しました。

 

住宅営業は、「若いうちから高年収を狙える」という点が一番の入社理由です。

 

しかし、入社して直ぐにハウスメーカーに就職したことを後悔することになります。

 

入社してわずか1年で、ハウスメーカーを退職することになってしまったんです。

 

では、住宅営業の何がきつく、辞めたいと感じてしまうのでしょうか?

 

本記事では、わたしがハウスメーカーを1年で退職した5つの理由をご紹介します。

【スポンサーリンク】  

住宅営業の仕事がきつい理由

f:id:nodame79:20200308160337j:image

住宅営業は離職率が高く、きつい職種だと一般的にも言われています。

 

わたしも覚悟を持って、入社を決意したつもりでした。

 

しかし、すぐに考えが甘かったことを実感します。

 

わたしが会社を辞めたくなった理由は、以下のとおりです。 

【住宅営業がきつい理由】
  1. 長時間労働
  2. 体育会系の社風
  3. 厳しいノルマ
  4. 売れないと給料は安い
  5. 世間の休みと休日が合わない 

 

ひとつずつ、詳しくみていきます。

1.長時間労働

f:id:nodame79:20200930161706j:plain

住宅営業の仕事がきつい理由のひとつに、長時間労働があげられます。

 

住宅営業マンの1日は、とても長いです。

 

会社の勤務時間は、9時から18時となっていました。

 

しかし、住宅営業の仕事が終わるのは、だいたい22時から23時の間です。

 

早い時は21時とかありましたが、ごくまれです。日をまたぐことも珍しくありませんでした。

 

住宅営業では、プライベートの時間を確保することは難しく、全てを仕事に捧げる覚悟が必要です。

 

ワークライフバランスを重視する方には、向いていません。

 

2.体育会系の社風

f:id:nodame79:20201013194934j:image

わたしが住宅メーカーを辞めたのは、体育会系の社風に馴染めなかったことが一番の理由です。

  • 上下関係が非常に厳しい
  • 気合と根性ですべてを乗り切ろうとする
  • 成績が悪いと罵声を浴びせられる
  • お酒を飲む量が半端ない

住宅営業では、ほとんどの会社が体育会系ではないでしょうか?

 

入社前には紳士なイメージがありましたが、入ってみて体育会系の雰囲気に圧倒されました。

 

学生時代に厳しい部活を耐え抜いた人にとっては、苦になることは何もないと思います。

 

しかし、非体育会系の人間にとっては地獄です。

 

わたしは、毎日が地獄のように感じていました。。

 

3.厳しい営業ノルマ

f:id:nodame79:20200717191606j:plain

住宅営業マンは、営業成績が全てです。入社1年目だろうと、容赦なくノルマを課せられます。

 

住宅は、簡単に売れるものではありません。

 

無茶苦茶なノルマを課せられることはありませんが、売れなければ会社に居場所がなくなってしまいます。

 

成績が悪い人は、休日返上で働かなければいけない状況に追い込まれてしまうんですよね。

 

上司からの罵声・会社からのプレッシャーに耐えて働いていかなければなりません。

 

精神的にタフな人でないと、長く働くことは難しい仕事です。

 

4.売れないと給料は安い

f:id:nodame79:20201013194949j:image

住宅営業の仕事は、売れれば20代から年収1,000万円以上も狙える夢のある仕事です。

 

入社3年目で、年収1,000万円を超える人もいたぐらいですからね。

 

しかし、営業成績が悪ければ給料は低くなってしまいます。

 

インセンティブの部分が多い為、年収が安定しないんです。

 

営業成績が悪ければ、長時間労働をしても年収は低くなってしまうことも珍しいことではありません。

 

売れなければ、地獄の毎日です。 

 

5.世間の休みと休日が合わない

f:id:nodame79:20201013195331j:image

住宅営業マンは、土曜日・日曜日はもちろん仕事になります。

 

世間の休みの日に仕事をするのが、住宅営業マンです。

 

ゴールデンウィーク・お盆・正月も、もちろん仕事となります。

 

どうしても休日が、世間の休みとはズレてしまいます。

 

わたしが勤務していたハウスメーカーでは、火曜日・水曜日が休みになっていました。

 

「契約が水に流れる」という言葉から、水曜日が定休日となっている会社が多いです。

 

学生時代の友人と遊ぶことが出来ないのは、以外にもストレスでした。

 

平日も休日も会社の人と過ごすのは、ものすごく苦痛になってしまったんです。

 

仕事の愚痴を聞いてくれる存在が身近にいないのは、しんどいですね。

 

まとめ

f:id:nodame79:20200308160227j:image

最後に、住宅営業の仕事のきびしさをまとめておきます。 

【住宅営業がきつい理由】
  1. 長時間労働
  2. 体育会系の社風
  3. 厳しいノルマ
  4. 売れないと給料は安い
  5. 世間の休みと休日が合わない 

 

 

住宅営業は、想像以上にキツイ仕事です。

 

中途半端な気持ちで入社すると、後悔することになります。

 

>>住宅営業マンの仕事内容は?離職率が高いのも納得?激務なスケジュールを公開 

 

>>住宅メーカー営業マンの年収はいくら?新入社員の給料明細をさらす 

 

ハウスメーカーに就職するのなら、覚悟を決めて入社することをおすすめしますよ。 

 

◆あなたにおすすめの記事◆

 

【スポンサーリンク】