【物流会社の最終面接】面接官と出身大学が同じで期待してしまった

こんにちは、38歳無職ゆるりです。

本日は、物流会社の最終面接でした。

面接官の社長と、偶然にも大学が同じということもあり本音で話をさせてもらいました。

大先輩からのアドバイスも貰い、充実した面接でしたよ。

でも、面接官が同じ大学出身だからと言って面接が有利になるとは限りませんね。

本日は、物流会社の最終面接の内容をまとめます。

【スポンサーリンク】

【物流会社の最終面接】面接官と出身大学が同じで期待してしまった

本日の最終面接は、物流会社。

一次面接では、わたしのことを高く評価して頂けた会社です

最終面接は45分程、面接官は社長1名でした。

まず自己紹介からスタートしました。

今までの経歴をわかりやすく話します。 

するとっ、「大学時代はどこに住んでいたの??」という質問をされました。

「はっ?住んでいた場所??面接に関係ないんですけどー。。」と思いながら、の大学時代の話をしました。

いや〜。懐かしねぇー。履歴書を見たら学生時代を思い出してね〜。後輩とこんなかたちで出会えると思ってなくてね〜。

その後、大学の話で15分程盛り上がりました。大学の大先輩に転職活動で出会えるとは思ってもいませんでしたよ。

そして、15分後。

いや〜。楽しい会話をありがとう!ごめんね。プライベートの話で。

これからは社長として話しますね!!

いきなりプライベートモードからビジネスモードへ切り替わりました。。。

最終面接で聞かれた質問

大学話で盛り上がった後、面接が再度スタートしました。

さっきまでの雰囲気とはガラッと変わり、社長としての姿がそこにありました。

大学が同じだからと言って、面接で有利になるわけではありませんね。

  1. 転職回数が多いけど、実際どう思ってるの?
  2. 離職期間が半年あるけど何してたの?
  3. 転職活動で譲れないことは?
  4. 志望動機はわかったけど、そんなにうちの会社魅力あるかなぁ〜?魅力をもっと詳しく教えてよ??

面接で聞かれたことは、以上の4点でした。

  • 転職で実現したいこと
  • どう生きて生きたいか

将来については、深く突っ込んで質問されました。

わたしの仕事に対する考え方を正直に話しましたよ。

「残業はそこそこに、プライベートの時間を大切に生きて行きたい」

すると、社長が会社の現状を正直に教えてくれました。

うちの会社では難しいかもしれません。

募集要項では残業平均30時間って書いているけど、実際は最低30時間。

感覚的には60時間〜80時間以上かなっ!うちの会社。残業ありきの会社なんだよねー。。

という衝撃の事実を知らされました。

ガーン。。。( ̄◇ ̄;)

全然話と違います。

君の話しを聞くと正直厳しい感じがしてねー。君のことは気にいったよ。でもビジネスとは別だからね。。

なんかあったらいつでも電話してよっ!!何か力になれることがあったらサポートしてあげるから!!

ということで、個人の携帯番号を頂きました。。。

以上、物流会社の最終面接は45分程で終了しました。

本音で面接に挑むのは大切

今回の件で、本音で面接に挑むのは大切だなと感じました。

自分を偽って話しをしていたら、万が一採用になってもまた辞めることになっているかもしれません。

本音を話せば、面接官も本音を教えてくれるのかもしれません。

40歳まじか。仕事だけの人生は嫌です!!

鬱病になった経験。

会社が倒産してしまった経験。。。

今までの経験から、会社だけに尽くす毎日は絶対に嫌って思いが強くあります!!

こんな自分も受け入れてくれる会社で働きたいと思います。

>>続きを読む

38歳無職の転職活動↓現状報告↓

  • 応募 38社
  • 書類 通過9社 お見送り24社  結果待ち5社 
  • 一次選考 通過5社  お見送り3社
  • 二次選考 お見送り1社 辞退1社 結果待ち1社
  • 面接予定 2社
  • 内定 1社

<<前回の話

追記:2か月間の転職活動の結果、無事に再就職先が決まりました。

38歳無職の転職活動の結果は、下記ページにまとめてあります。

【スポンサーリンク】
よかったらシェアしてね!